静岡県神社庁

静岡県の神社

矢倉神社

神社名 矢倉神社(やぐらじんじゃ)
代表者 宮司 川口 量平
各種御祈祷 初宮詣、七五三詣、地鎮祭、安産祈願、厄除祓、車祓、家祓、合格祈願、必勝祈願
鎮座地 静岡市清水区矢倉町5-7
問い合わせ先 TEL.054-366-6330
FAX.054-366-6330

地図

GoogleMapで見る

JR清水駅より徒歩10分/東名高速清水インターより車で5分/JR清水駅と清水インターを直線で結びほぼ中央付近に位置する

御祭神 本殿主祭神は日本武尊・景行天皇・神武天皇の三柱、配祀神は事代主命・蛭児大神の二柱
御神徳 産土大神として当杜に鎮座坐します。境内社は八雲神社と新開稲荷社。飛地境内社は西宮恵比寿神社(同市内島崎町)です。
御由緒 当神社の創建は、仲哀天皇の御代、庵原国造意加部彦命が日本武尊・景行天皇を祀られました。当地は日本武尊御東征の際、軍営を布き兵站部や武器庫を置かれた遺跡と伝えられています。くだって天暦2年、藤原匡房が神武天皇を合祀し、天正18年豊臣秀吉は小田原出兵の砌、勝利を祈願し太刀を奉献したと伝えられています。
御祭典
例大祭 10月17日
地区を挙げての秋の例祭です。神輿渡御、稚児行列、浦安の舞、矢倉太鼓、港かっぽれ踊りの奉納が行われます。

輪くぐり祭 6月30日
夏越しの大祓です。氏子・崇敬者はあらかじめ配られた形代に息を吹きかけ、身体をぬぐい神社に納め、茅の輪をくぐります。

節分祭 2月3日
年男は拝殿で厄祓いの神事をすませ豆をまきます。地域の多くの人々が豆を拾いに集まります。

神武天皇祭 4月3日
神武天皇崩御の日と伝えられるこの日、地域の代表者や氏子総代が参集して、橿原神宮・皇居を遙拝します。同じ日、新開稲荷社例祭が行われます。

清水港まつり成功祈願祭 港まつり初日
昭和62年、港まつりを盛り上げるため「港かっぽれ」が創作され、当神社に絵馬が奉納されました。以来、毎年、かっぽれ踊りが家元櫻川ぴん助師匠を先頭に奉納されます。

秋の例大祭 神輿渡御(男神輿)
秋の例大祭 神輿渡御(男神輿)

港まつり成功祈願祭(かっぽれ踊り)
港まつり成功祈願祭(かっぽれ踊り)

奉納太鼓(矢倉太鼓保存会)
奉納太鼓(矢倉太鼓保存会)

戻る

ページの先頭へ

静岡県神社庁

〒420-0821 静岡市葵区柚木250番地の2
TEL:054-261-9030 FAX:054-264-1322
  • 静岡県神道青年会